Review: Wildlife

Wildlife
Directed by Paul Dano. Screenplay by Paul Dano & Zoe Kazan (based on a novel by Richard Ford). 2018. Starring Ed Oxenbould, Jake Gyllenhaal and Carey Mulligan.

Continue reading “Review: Wildlife”

価値の理由の理由/言われればわかる力(2)

(このポストはこのポストの続きですが、二つは独立に読めます。)

2017年は、春には、第2期電王戦でponanzaが佐藤天彦名人・叡王に2連勝したり、冬には、すでに5月に世界棋士レート1位の柯潔(Ke Jie)に3戦3勝していたAlpha Goの汎用化版であるAlphaZeroが、24時間にも満たない学習時間のうちに、当時最高の棋力をもつチェス、囲碁、将棋プログラムをそれぞれ圧倒する強さを身に付けたという論文が発表されたり、ボードゲームをプレーするAIに関連する大きなニュースがいくつかあった。

Continue reading “価値の理由の理由/言われればわかる力(2)”

価値の理由の理由/言われればわかる力(1)

もう2ヶ月以上も前の話。『ブレードランナー 2049』の公開を控え、オリジナルを見直しておきたいとS氏が言うので、『ブレードランナー ファイナル・カット』を一緒に観た。僕自身は続編が公開間近であったことも知らず、そちらは結局観てもいないのだけど、高校生の時に先生の家で中途半端に観ただけで全く内容を覚えていなかったこの作品を改めて観れたのはよかった。

個別のセリフやファッションなどだけではなく、一つのSF的な都市全体の空気感の「型」を作りあげた画期的な作品である。その魅力はすでに隅々まで詳細に語り尽くされているだろうから、ファンにとっては新味のない話だろうけれど、二つばかり思ったことを書き留める。(長くなったので、ポストを二つに分ける。)

Continue reading “価値の理由の理由/言われればわかる力(1)”

Fantasising Man

Irrational Man (dir. Woody Allen, 2015; ODEON Oxford George St.)

You would have to be a pretty committed fan of Woody Allen to enjoy this work—philosophers and philosophy students are particularly liable to find it frustrating. There is a lot that is disappointingly stereotypical about how practices of philosophy are represented, and the little that the film manages to mention of philosophers and their views is so heavily distorted that it is almost ridiculous (on these points see this review). But then again, perhaps the fact that the plot itself appears to be a rather clichéd male fantasy is part of the point (the amusement park scene is a nice clue), and since a film is after all a film and not a philosophy textbook, it would be wrong to blame it for factual inaccuracy and oversimplification. Continue reading “Fantasising Man”

Geistesbildung – September 2013

This is the first in the series of posts in which I shall record, at the end of each month, the cultural experiences I have had during that month: exhibitions, concerts, plays and films, and so on. For each item, I shall record the venue, the date, the performer, some relevant links and perhaps some brief comments. I exclude books read, and most cultural heritage sites visited. The posts are intended to be no more than personal aides-mémoire. Continue reading “Geistesbildung – September 2013”

信じ難くない物語は信じるに値しない(『パイの物語』)

土曜日、ロンドンで映画『Life of Pi』(Ang Lee監督、日本語公式サイトはこちら)を観た。同行してくれたK氏とY氏に感謝。映画鑑賞の経験値がとても低い僕は、こちらの映画館に行くのは二回目で、3Dの作品を観るのは初めて。技術を見せびらかすような3D演出で頭が痛くなったりはしないかなんて小さな不安も完全な杞憂に終わり、映像は最初から最後まで「spectacular(人の目を引きつけてる、みごとな、壮大な、豪華な)」という形容詞がふさわしい素晴らしいものだった。映画の大部分は太平洋に小さなボートが一艘漂っているというシーンなので、ともすれば単調にもなりかねないのだけど、海と空の「表情」とでも呼べるものの描き方が特筆すべき美しさで、黄金の砂漠のような茫漠な海もあれば、遠い銀河のような漆黒で深遠な空もあり、飛び魚の弾幕やクジラのサマーソルトなどもあわせて、大胆で幻想的な映像表現に魅了された。[以下、多少のネタバレあり] Continue reading “信じ難くない物語は信じるに値しない(『パイの物語』)”