Sing like spring: the origin of the work of ‘Reiwa’

Reiwa (令和)’ is the new gengo, or the name of the era in the Japanese calendar scheme set to begin on 1 May 2019, when Crown Prince Naruhito succeeds the current emperor Akihito, who is due to abdicate on 30 April.

Continue reading “Sing like spring: the origin of the work of ‘Reiwa’”
Advertisements

Review: 『異世界語入門 〜転生したけど日本語が通じなかった〜』

『異世界語入門 〜転生したけど日本語が通じなかった〜』
作:Fafs F. Sashimi、イラスト:藤ちょこ
Kadokawa、2018年 Continue reading “Review: 『異世界語入門 〜転生したけど日本語が通じなかった〜』”

ある医者、その医者、医者というもの

昨年9月に従姉妹の結婚式とレセプションに参加した際、引き菓子としてナッツの蜂蜜漬けの小瓶をいただいた。どうやら人気のウェディングギフトのようで、僕の場合はギリシャ風ヨーグルトにトッピングしておいしくいただいた。 Continue reading “ある医者、その医者、医者というもの”

「駅はここから徒歩10分です」を英語で言うと?

French country train station, with a cross

一見かなり初歩的な構文な気もするけど、書いてみようとすると戸惑ってしまう。「駅はここから徒歩10分です」を英語で言うと? 選択肢を6つあげよう。

(1) The station is a ten minute walk from here.
(2) The station is a ten-minute walk from here.
(3) The station is a ten minutes walk from here.
(4) The station is a ten minutes’ walk from here.
(5) The station is ten minutes walk from here.
(6) The station is ten minutes’ walk from here. Continue reading “「駅はここから徒歩10分です」を英語で言うと?”

遥か光の街リヨン

土曜日(13日)のツール・ド・フランスは第14ステージ、国の中央部、Saint-Pourçain-sur-Sioule(サン・プルサン・シュル・シウール…カタカナで書くとすごい)から、Lyon(リヨン)までの191km。個人総合の順位を争う選手にとっては、二回目の険しい山岳ステージの前に体力を温存する「移動ステージ」のようなもので、大注目ではなかったけれど、ゴール地点のリヨンには、僕は学部時代最後の夏にちょうど1ヶ月ほど語学プログラムで滞在したことがある。それで、ひょっとしたら覚えている風景が出てくるかもしれないと思って、特にゴール前リヨンの市街地に入ってからのコースに注目してダイジェストを観た。(ツール公式サイトからはステージ情報や結果の他、リヨンの街の紹介PVも見れる。) Continue reading “遥か光の街リヨン”

A Tractarian Rilke (and reprise)

Many would agree that the concluding few pages of Wittgenstein’s Tractatus are among the most difficult bits of that thin treatise to get one’s head around, though they are also pretty mesmerising. Depending on what kind of reader you are, you would further say that these are also the most suggestive, the most nonsensical (if that makes sense), or most philosophically maddening. However that may be, recently, while I was spending some time re-reading these pages, I happened on a Rilke piece, which I had known, but which now struck me as being pretty Tractarian. (It may not at all be: I may just be suffering that syndrome, familiar to some, where one sees the thoughts of one’s favourite philosopher manifest everywhere.) Continue reading “A Tractarian Rilke (and reprise)”