Sing like spring: the origin of the work of ‘Reiwa’

Reiwa (令和)’ is the new gengo, or the name of the era in the Japanese calendar scheme set to begin on 1 May 2019, when Crown Prince Naruhito succeeds the current emperor Akihito, who is due to abdicate on 30 April.

Continue reading “Sing like spring: the origin of the work of ‘Reiwa’”
Advertisements

【告知】NHK-FM『現代の音楽』新作委嘱シリーズ

昨年の秋、作曲家の小出稚子(こいで・のりこ)さんからの依頼で、ちょっとした詩のような英語の文を書きました。これが氏の新作のいくつかに使われているのですが、そのうちの一つ、「南の雨に耽る」というオーケストラ作品の録音が、NHK-FM『現代の音楽』という番組の、日本時間で明日18日(日)午前8時10分からの回で放送される予定です。放送予定のページはこちらContinue reading “【告知】NHK-FM『現代の音楽』新作委嘱シリーズ”

ヒューズのアフロアメリカン俳句精神

数日前に黒人英語風の話法で書かれた詩を読む機会があり、それつながりで、本棚からラングストン・ヒューズ(Langston Hughes, 1902-67)の詩集をひっぱりだしてぱらぱらとめくって読んだ。ヒューズは20世紀を代表するアフリカン・アメリカン詩人で、ブルースやジャズの形式やリズム感覚を詩に導入し、「黒人」の文化、苦難、精神性や誇りを力強く率直な言葉で表現した。 Continue reading “ヒューズのアフロアメリカン俳句精神”

非モテ男としてのフィリップ・ラーキン

フィリップ・ラーキン(Philip Larkin, 1922-1985)の詩を意識して読み始めたのはいつか、思い出せない。最初に彼のことを知ったのはたしか、4、5年前に美学の論文で引用されていた「This Be the Verse」を読んでだったと思う(調べてみるとステッカーによる道徳的欠陥と芸術的価値に関する論文だ。論文の内容はまったく覚えていない)。それで、2009年の7月にはアマゾンで『Collected Poems』を注文している。また2011年の10月には「Dockery and the son」を読んで痛く感動し、前のブログに記事を書いている。多分半年から一年くらい前に、特に「Love Again」などの強烈な作品に再び打ちのめされるようなことがあり、ラーキンの書くテーマを僕自身の状況、感覚、思考などに勝手に重ね合わせるようなこともあって、段々と関心が深まった。一ヶ月程前に『The Complete Poems』と、高校生〜学部生向けの解説書を2冊購入し、部分的に少しずつ読んでいる。 Continue reading “非モテ男としてのフィリップ・ラーキン”

A Tractarian Rilke (and reprise)

Many would agree that the concluding few pages of Wittgenstein’s Tractatus are among the most difficult bits of that thin treatise to get one’s head around, though they are also pretty mesmerising. Depending on what kind of reader you are, you would further say that these are also the most suggestive, the most nonsensical (if that makes sense), or most philosophically maddening. However that may be, recently, while I was spending some time re-reading these pages, I happened on a Rilke piece, which I had known, but which now struck me as being pretty Tractarian. (It may not at all be: I may just be suffering that syndrome, familiar to some, where one sees the thoughts of one’s favourite philosopher manifest everywhere.) Continue reading “A Tractarian Rilke (and reprise)”