パリで嬉しかったこと

今回の3泊4日(7月19日から22日まで)のパリ滞在のハイライトは、今年第100回を迎えた自転車ロードレースの最高峰、ツール・ド・フランスの最終ステージの観戦だった。3週間以上に渡るツールのフィニッシュは、シャンゼリゼ通りを周回する激しく華やかなスプリント競争が恒例になっている。今年は第100回記念ということで、例年のように凱旋門の手前ではなく、凱旋門をぐるりと回ってUターンするという特別コースが設定された。 Continue reading “パリで嬉しかったこと”

Advertisements

Paris, July 2013: Jucunda oblivia vitæ

Here are some pictures from my brief weekend trip to Paris, 19-22 July 2013. Some thoughts and memories got obliterated, if only temporarily, as if bursting in the light and heat of the city——the same elements of summer that also enabled these scenes to be photographed, giving a false impression of immortality (or perhaps better, an impression of false immortality).

“Jucunda oblivia vitæ” means (presumably, since I don’t know Latin): it is pleasant to forget life.

Continue reading “Paris, July 2013: Jucunda oblivia vitæ”